広島と名古屋の出会いってどうして?

はやく広島や名古屋に帰りたい
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< できなかった話を思い出した広島 | main | 次回には名古屋で出会いがあり誤解する >>
広島を訪ねる機会がありました
0

    広島、上戸門院(じょともにん)は播磨商山を訪ねる機会がありました。

    スタッフを終えた泉志布は、どこに恋秩父がいるのか尋ね、野村若狭の雨にやって来た。

    当時は雨の中だったので、広島の中で栗の木の下で歌を歌いました。

    苔より

    社会人3年以上の広島男子と出会いたい

    色島の道を

    行かせて

    雨の中

    木の陰

    広島がこの歌を歌うとすぐに、栗の枝は私の体に雨が降るのを防ぐために傘の形でぶら下がっていました。

    だから、人々はこの栗の木に行きます

    「宿泊施設の栗の木」

    「雨の中の栗」だと言うようになりました。


    和泉しきぶは野村若狭のチーフゴロダリオの助けを借りて一晩泊まりの宿舎を拾った。

    当時、大五郎の娘が綿を拾っているのを見ると、捨てられた娘と同じ年齢の娘であることは懐かしいようです

    | - | 15:34 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする